上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【特別区22年No.4】次の文の空所A,Bに該当する語又は語句の組合せとして,最も妥当なのはどれか。

生きる熱意。前に進む意志。その質が問われている。もし,学問から勢いが失われているとすれば,それは俗悪でチープな文化が跋扈(ばっこ)しているからではなく,ただ単に学問自体から情熱が失われているということだろう。
情熱を支えるものは「本当のこと」であるはずである。「本当のこと」に感動する気持ちである。それから,過去に素敵なことをしてくれた偉人に対する感謝の気持ちである。そうした,まるで子どものように問いかける気持ちが学問から失われているから,人々を惹きつけることができず,結局は凋落しているのであろう。
「本当のこと」「大切なこと」「知りたかったこと」「そのためには,全力を尽くしても悔いがないこと」。そういった「感情のエコロジー」こそが,探求する心を支える。そのような心の動きの根っこにあるのは,この世のさまざまを「引き受ける」という決意であるはずだ。
( A )は,結局は生きるということに由来する。生きるとは,行き交うことである。出会うことである。偏広く眺めることである。そして,ときには,ルール無視をすることである。
フットボールをやっていた少年が,興奮してボールを抱え,走り出す。「ラグビー」誕生の伝説は,( B )というものが本来どのような姿をしていたかをその本質において私たちに伝える。
(茂木健一郎「思考の補助線」による)
A       B
1 「本当のこと」  学問
2 「本当のこと」  ルール
3 「本当のこと」  情熱
4  情熱       学問
5  情熱       ルール



(解説)
空欄補充の問題では、まず、空欄の前後を読みます。それで正解がわからない場合は、全体を読んで、正解を決めます。

1) 空欄Aの前後を読んでみます。

( A )は,結局は生きるということに由来する。生きるとは,行き交うことである。出会うことである。偏広く眺めることである。そして,ときには,ルール無視をすることである。
Aには「本当のこと」と「情熱」のどちらかが入ります。入れてみると、
「本当のこと」は、結局は生きると言うことに由来する。
情熱は,結局は生きるということに由来する。
「情熱は生きると言うことに由来する」、つまり、「生きようとするから情熱が生まれる」ということでしょうか。素直に考えれば「情熱」が入りそうです。ひねくれて読むと「生きることは本当のことを探し求めることだ」というようにも読めます。少し、哲学的すぎますね。

2) 空欄Bの前後を読んでみます。
フットボールをやっていた少年が,興奮してボールを抱え,走り出す。「ラグビー」誕生の伝説は,( B )というものが本来どのような姿をしていたかをその本質において私たちに伝える。
この「フットボールをやっていた少年が、興奮してボールを抱え、走り出す」という話題には、「本当のこと」よりも「情熱」の方が似合います。
また、Bには、「学問」か「ルール」が入りますが、「学問」か「ルール」かは決めにくい。
そこで、全体を読んでみます。



生きる熱意。前に進む意志。その質が問われている。もし,学問から勢いが失われているとすれば,それは俗悪でチープな文化が跋扈(ばっこ)しているからではなく,ただ単に学問自体から情熱が失われているということだろう。
情熱を支えるものは「本当のこと」であるはずである。「本当のこと」に感動する気持ちである。それから,過去に素敵なことをしてくれた偉人に対する感謝の気持ちである。そうした,まるで子どものように問いかける気持ちが学問から失われているから,人々を惹きつけることができず,結局は凋落しているのであろう。
「本当のこと」「大切なこと」「知りたかったこと」「そのためには,全力を尽くしても悔いがないこと」。そういった「感情のエコロジー」こそが,探求する心を支える。そのような心の動きの根っこにあるのは,この世のさまざまを「引き受ける」という決意であるはずだ。
( A )は,結局は生きるということに由来する。生きるとは,行き交うことである。出会うことである。偏広く眺めることである。そして,ときには,ルール無視をすることである。
フットボールをやっていた少年が,興奮してボールを抱え,走り出す。「ラグビー」誕生の伝説は,( B )というものが本来どのような姿をしていたかをその本質において私たちに伝える。


文章全体では、「学問」3回情熱が2回出ています。たくさん出ている言葉がその文章の中心となるここと(主題など)ですから、この文章は「学問に情熱がなくなっている」ことを嘆いているようです。つまり、学問と情熱に関する文章ですから、空欄に入るのも「学問」「情熱」となるでしょう。したがって、Bには学問が入り、正解は4です。

明日は、こちらのブログで教養の過去問を解説します。



ブログで一部を紹介している本校講義が、10月から毎月「公務員試験 特別公開授業シリーズ」として一ツ橋書店から発売されます。

1冊目は「わかりやすい解説! 民法1」です。

ご期待ください。

特別公開授業シリーズ




YOU TUBE



「勉強会の面接練習」

「受験勉強の間違い」

「経済 国家一般職2014年 第1問」

「模擬講義 物理」

「経済 模擬講義」

「民法 サンプル講義連帯債務」

「数的 模擬講義」

「宅建 デモ講義」

「択一答練 論文答練」

「合格勉強」

「取扱説明」

「合格へのステップ」

「社会人試験の間違い」

「25年度 基礎能力試験の対策」

「24年度 国家一般職」

「24年度 国税専門官」



などの講義が無料で見られます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



  株式会社 公務員試験予備校   島村隆太



  〒150-8512 

  東京都渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階

  TEL : 03-5456-5397 

  MAIL : access2004@karisumakousi.com

  WEB : http://karisumakousi.com


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。