上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1 塩 素は有名な気体で黄色で刺激臭がある気体です。他に刺激臭がある気体でアンモニアが出題されます。アンモニアは無色で刺激臭がある気体です。この2 つさえわかっていれば「刺激臭」は大丈夫。
酢酸なども刺激臭がありますが、あまり出ません。

2 酸素は空気より軽いから「下方… … 」では集められない。
3 「すべての気体の中で最も軽く」というのは水素です。原子番号が最も小さい元素の気体なので最も軽くなります。
4 「黄緑色で刺激臭」とは塩素のこと( 黄緑色も黄色と同じだ! )。「黄色といえば塩素」と憶えること。
塩素ガスは、洗剤を混ぜると発生したり、また、生活排水の混合によって発生したりします。
排水溝などで黄色いガスが発生している場合には、塩素ガスである可能性が高い。
消防隊は、こうしたガスの知識には詳しくないといけないので公務員試験でも硫化水素、塩素ガスは頻出です。
硫化水素ガスは、温泉地などで匂う、あの卵の腐ったようなにおいですが、濃度が高い場所では即死します。
温泉地で東大の助手の人が、家族4人とも、雪の窪みに溜まっていた硫化水素ガスで死亡したことは記憶にまだ残っています。
さらに一酸化炭素は、ガス器具の不完全燃焼で発生します。
無色・無臭で、化学式量も28と、空気の平均分子量28.8と同じ程度の重さなので、大気中に分散しやすい。
また、工事現場などの地下深く、空気の流れのない部分に溜まっていることも多い。
一酸化炭素を吸うと、一瞬で血液内のヘモグロビンに一酸化炭素が結合して、血液が酸素を運ばなくなり、
意識不明になります。
そのまま、窒息死します。
塩素ガス、硫化水素、一酸化炭素は重要な毒ガスですので、頻出ですね。

5 二 酸化炭素は空気中で燃えない。常識中の常識でしょう。
二酸化炭素の分子量は44ですので、空気の平均分子量28.8よりも重いから、下の方に溜まり易いです。
火災現場などで、下の方に逃げようとすると、二酸化炭素の充満した場所に入り易いので上に逃げる方が良いと言われています。

正 解は3 です。

こ の問題は気体の捕集方法と塩素に関する知識があれば正解できる典型的な問題です。

公務員試験では「文字」で匂いを表現します。
「刺激臭」という言葉は、アンモニアと塩素でしか使わないと思っておけばいいでしょう。
酢酸も刺激臭がありますが常温では液体です。そして試験にはあまり出ません。
「無色」「刺激臭」「気体」はアンモニアと覚えておけばいいでしょう。



 




ブログで一部を紹介している本校講義が、9月から毎月「公務員試験 特別公開授業シリーズ」{決定)として一ツ橋書店から発売されます。

1冊目は「わかりやすい解説! 民法1」です。

ご期待ください。

特別公開授業シリーズ



YOU TUBE

「勉強会の面接練習」
「受験勉強の間違い」
「経済 国家一般職2014年 第1問」
「模擬講義 物理」
「経済 模擬講義」
「民法 サンプル講義連帯債務」
「数的 模擬講義」
「宅建 デモ講義」
「択一答練 論文答練」
「合格勉強」
「取扱説明」
「合格へのステップ」
「社会人試験の間違い」
「25年度 基礎能力試験の対策」
「24年度 国家一般職」
「24年度 国税専門官」

などの講義が無料で見られます。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  株式会社 公務員試験予備校   島村隆太

  〒150-8512 
  東京都渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
  TEL : 03-5456-5397 
  MAIL : webmaster@karisumakousi.com
  WEB : http://karisumakousi.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。