Category Archives : 文章理解

スポンサーサイト - --/--/--(--)
英文解釈の問題です。 - 2015/03/12(Thu)
【25年一般No. 7】次の文の内容と合致するものとして最も妥当なのはどれか。 Gratitude works. Feelings of gratitude enhance well-being and deepen one's sense of meaning That's why Martin Seligman advocates "the gratitude visit." It works like this: You think of a person in your life who has been kind or generous to you but whom you’ve never properly thanked. You write a detailed “gratitude letter" to ...
25年国家一般職  英文解釈の解説です。 - 2015/03/12(Thu)
1.Seligmanの調査結果は、心理学の分野における他の研究者の調査結果とは違っていた。誤 Seligmanの調査結果は「as well as(=同じように)」とあるので、他の研究者の調査結果と異なっていない。Sengman's research, as well as the work of the growing ranks of scholars who study positive psychology, suggests that gratitude is a key component of personal happiness.2.あなたから感謝の手紙を受け取った人は、あな...
文章理解の整序問題です。 - 2015/03/01(Sun)
【特別区22年No.4】次の文の空所A,Bに該当する語又は語句の組合せとして,最も妥当なのはどれか。生きる熱意。前に進む意志。その質が問われている。もし,学問から勢いが失われているとすれば,それは俗悪でチープな文化が跋扈(ばっこ)しているからではなく,ただ単に学問自体から情熱が失われているということだろう。情熱を支えるものは「本当のこと」であるはずである。「本当のこと」に感動する気持ちである。それから,過去...
新三年生と受験勉強の両立は大変です。 - 2014/08/31(Sun)
新学期が始まり、新三年生の申込が増えています。大學によっては教養課程から専門課程に進むことになり、指導教官やゼミ、研究室が決まって、今までよりも勉強に対する責任が重くなるのが3年生です。簡単に言えば、自由な時間が減り、教官の指導が及ぶ範囲が増えるということです。大学の成績を決めるのも、また就活に対して影響を持つのも、指導教官です。理系なら、指導教官抜きで良い就職をするには、元々、家族が良い就職をし...
長文の読み方が、なかなか、思うように読めません。 - 2014/08/30(Sat)
長文は、何度も読むと、「読む力」が付きます。過去問を何十回も読むと、本番では、1・2回で、内容がわかるようになります。読む力を付けるには、何度も同じ文章を読むのが良い。文章には、流れがあります。早いところ、遅いところ、ごつごつしているところ。スラスラ読めるところ。それぞれが、意味があって、そういうように読めます。早いところ、スラスラ読めるところは、言いたいことを伝えるための具体例とか、説明部分です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。